ぱっとみ映画感想ブログ

1999年までの映画 特化型ブログです

キートンのセブン・チャンス(1925)

 

 

題名 キートンのセブン・チャンス(Seven Chances)
監督 バスター・キートン
出演 バスター・キートン、T・ロイ・バーンズ、スニッツ・エドワーズ、ルース・ドワイヤー
上映時間 56分
制作年 1925年
制作国 アメリカ

 

三大喜劇王のひとり、バスター・キートンの長編映画。

 

心に決めた愛する女性がいてもプロポーズできない奥手なジミイ。ある日祖父から700万ドルの遺産が転がり込む。相続の条件は27歳の誕生日までに結婚すること。今日がその誕生日だったジミイは、愛するメアリーにプロポーズするが、相続のための結婚だと思われて上手くいかない。

こうなったら誰でもいいと友人にそそのかされ、目につく女性に片っ端からプロポーズするが断られる。友人が新聞広告を出すと、今度はお金目当てに無数の女性が集まり主人公を追いかけまわす。女たちから逃げて逃げて逃げまくるジミイは、最後はメアリーと結婚する。

 

コメディ部分もさることながら、後半三分の一をノンストップで走って走って走りまくるキートンが見どころ。猛烈に運動神経抜群。これほど軽快な俳優は、あとジーン・ケリーくらいしか私は知らない。

キートン、いいよね。