ぱっとみ映画感想ブログ

1999年までの映画 特化型ブログです

現金に体を張れ(1956)

 

 

題名 現金に体を張れ(The Killing)
監督 スタンリー・キューブリック
脚本 スタンリー・キューブリック
出演 スターリング・ヘイドン、エリシャ・クック、マリー・ウィンザー
上映時間 85分
制作年 1956年
制作国 アメリカ

 

5年間の刑務所暮らしから出所してきたジョニーは、競馬場の売上200万ドルを強奪する計画を立て、仲間を募る。しかしその中の一人、ジョージの妻が計画を聞き出し、愛人を使って横取りしようと画策、計画にほころびが出始める。それでもジョニーは予定通り計画を実行。うまく200万ドルの強奪に成功したのだが・・・

 

邦題は現金と書いて ”げんなま” と読む。

ドライな演出が光ってた。前半は抑えめに、後半に行くにしたがってグイグイとスリルを上げていく。派手なアクションは無く、プロットと演出で緊張感を出すタイプの映画。

キューブリックが写真家から映画監督に転向して、自主制作映画のような低予算映画を数本撮ったあと、ハリウッド監督デビューとなったのがこの作品。

登場人物の誰にも感情移入しない冷徹な目線が、キューブリックは最初からキューブリックだったんだなと思った。

 

目立つのは、割と堅実そうで面白みのない主人公ジョニーよりも、冴えない男ジョージとその妻シェリーのふたり。欠点しかない夫婦。

ジョージは競馬場の窓口係。絶対に成功なんてしなさそうなパッとしない小男で小心、妻のシェリーにベタ惚れで完全に牛耳られている。

ところがそのシェリーは強欲で残酷。ジョージを下男のように見下して、残酷な言葉で傷つけて楽しんでいる。で、そろそろ見切りをつけて愛人に乗り換えようかというところ。

このシェリーって女、嘘をつく気もないみたい。愛している素振りなんて全然みせない。金目当てなことを隠そうともしない。

途中で主人公から「お前は性悪で頭のいい女だ。金を横取りして、奴には葉巻くらいしか与えないんだろ」と言われた彼女は、「あなた私のことが分かってないわ。葉巻一本だって使わせないわよ」と言っていた。気持ちのいいくらいの悪女ぶり。

 

この二人の最期のシーンは見せ場だった。愛なんかないけど、5年間一緒に暮らした男が死にゆくとなれば、多少の同情心はでてくる。でもシェリーは最後まで悪女に徹していた。

シェリー役はマリー・ウィンザー。初めて見たけど、ほんと見せ場だった。しびれたね。

ちなみにダメ男ジョージ役はエリシャ・クック。『幻の女(1944)』のドラマーもやっている。