ぱっとみ映画感想ブログ

1999年までの映画 特化型ブログです

ヒズ・ガール・フライデー(1940)

 

 

題名 ヒズ・ガール・フライデー(His Girl Friday)
監督 ハワード・ホークス
制作 ハワード・ホークス
出演 ケイリー・グラント、ロザリンド・ラッセル、ラルフ・ベラミー
上映時間 92分
制作年 1940年
制作国 アメリカ



主演のケイリー・グラントとロザリンド・ラッセルの二人は新聞記者コンビで元夫婦。で、ケイリーの方は彼女に未練たらたら。なのに彼女は再婚相手を連れてきて、その上記者を辞めるとまで言い出す。ケイリーは彼女を取り戻そうと口八丁手八丁で引き留めようとして、手始めに明日絞首刑になる男の取材に引きずり込む。



ストーリーがどうのというより、主演の二人がまあ喋る、喋る。ほとんどのシーンが二人共かどっちか片方の出演シーンで、しかもずっと喋っている。こういうのをスクリュー・ボール・コメディって言うらしい。

ロザリンド・ラッセルって喋りで有名だったらしいけど、ケイリー・グラントも負けていない。よくあんなに台詞を覚えられるもんだと感心するやら、呆れるやら。


そのロザリンド・ラッセルは、ピシッとしたスーツ姿も颯爽と格好よく、かなり現代的(帽子は私にはムリ)。今見てもちっとも古臭さを感じさせない(帽子は無理)。

その上ユーモアがあってチャーミングで、自信満々で太っ腹。だけどイヤミがない。だからみんなの人気者。女性にも人気が出そうなサバサバした感じで、無敵ですな。うらやましい。


そして相変わらず 「おめめぱっちり」 ケイリー・グラント。相変わらず顔が濃い。

今作ではロザリンド・ラッセルに負けず劣らずのマシンガン・トークを繰り広げ、憎めない軽妙な女たらし、ちょっと詐欺師並みの頭の良さ、キレの良さ。犯罪すれすれと言うより、もう犯罪。良いヤツなのか悪いヤツなのか全然わからない役だった。

そして相変わらず、良く言えば「オシャレで軽妙洒脱な都会派」、悪く言えば「だいぶ軽い」。こんな軽い男、あたしゃヤダね。


個人的には当て馬役のラルフ・ベラミーの方が好み。「ちょっと馬鹿なのかな」と思うくらいのお人好し、邪心ゼロ、すぐ騙されちゃう危なっかしい、母性本能をくすぐるタイプ。

私にはケイリー・グラントの方は無理だなあ、頭良すぎて。ロザリンド・ラッセルだってラルフ・ベラミーとくっついた方がお似合いなんじゃないかしら。


だけどやっぱりこの新聞記者コンビは、似た者同士でお互い何でもお見通し、超お似合いカップルなのでしたとさ。こんな毎日、疲れそうだけど楽しそうではあるもんね。まぁよかったんじゃないの。